スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミリオンダラー・ベイビー

B000AC8OV0ミリオンダラー・ベイビー
クリント・イーストウッド F・X・トゥール ヒラリー・スワンク
ポニーキャニオン 2005-10-28


【あらすじ】
ロサンジェルスのダウンタウンにある小さなボクシング・ジムを営む老トレーナー、フランキー。その指導力に疑いのない彼だったが、選手を大切に育てるあまり、成功を急ぐ優秀なボクサーは彼のもとを去ってしまう。そんなある日、31歳になる女性マギーがジムの門を叩き、フランキーに弟子入りを志願する。13歳の時からウェイトレスで生計を立てるなど不遇の人生を送ってきた彼女は、唯一誇れるボクシングの才能に最後の望みを託したのだった。ところが、そんなマギーの必死な思いにも、頑固なフランキーは、“女性ボクサーは取らない”のひと言ですげなく追い返してしまう。それでも諦めずジムに通い、ひとり黙々と練習を続けるマギー。フランキーの唯一の親友スクラップはそんなマギーの素質と根性を見抜き、目をかける。やがてマギーの執念が勝ち、フランキーはついにトレーナーを引き受けるのだが・・・。

【感想】※ネタバレありですのでお気をつけください~。
ほとんどあらすじは知らずに「感動作」とだけ聞き見たので、ちょっと意外な感じがしました。感動・・・したはしたし、最後はすごく切なかったけど、なぜか涙はほとんどでなかった。

彼女自身がどこで自分のボクシングへの才能を見いだしたのかは不明だが、フランキーと組んでから、わずか1年半で世界タイトルへ挑戦するほどの強さに成長する。その過程は、テンポ良く描かれており、本来なら見ていて気持ちがいいものなのかもしれないが、私はどうも格闘技が苦手なため、勝とうが負けようが痛々しくてしょうがなかった。

「ボクシングとは尊厳を賭けて戦うものである」

だったら、反則をしてまで勝ち残るチャンピオンに尊厳はあるというのか?
どんな思いを抱きながら戦っているのか知らないが、やはり私には共感しがたい。

ところで、マギーの幼少時代は「超」がつくほどの貧しい生活だったそうだが、母親からは愛されて育ったのだろうか?ボクシングで稼いだお金で家族に家を買うマギー。しかし、母親は「ありがとう」と感謝をするどころか、「なぜ金をくれないんだ?」とののしる。挙げ句の果て、マギーの財産をも自分のものにしようと病院に押しかけるとんでもない人たち。そんな家族に、なぜ、マギーは家を買ったのか?やはり、母親は母親なのだろうか。

最後、寝たきりになったマギー。こんな状態で生きているのは辛い、と死を願う。先日見た「海を飛ぶ夢」でも、尊厳死について考えさせられたが・・・この作品も同じような展開だった。牧師はあくまでも「死に手を貸してはいけない」という。しかし、どちらの作品にしても、牧師の言葉は薄っぺらく聞こえてしまう。

尊厳を賭けて戦ってきたマギーだからこそ、尊厳を保ったままの死を望んだ。

マギーは自殺を試み、舌をかみ切る。そんなマギーの命を医師が「救った」。それは本当に「救った」のだろうか。意識が戻ったマギーはもう一度舌をかみ切ろうとした。何ともやりきれない。死にたくても、自分で命を絶つことすら出来ない。

「マギーには悔いなどない」

スクラップの言葉に救われた。人はいつか死ぬ。その時に、自分の人生に悔いを残しながら死ぬか、後悔せずに死ぬことが出来るか。

「俺もそう思って死にたい」

自分は人生を精一杯生きているのか・・・


ミリオンダラー・ベイビー


ヾ(>▽<)ゞ:★  (ノ△・。):★★★  ヾ(´▽`)ノ:★★★


ミリオンダラー・ベイビー

B0007O38FIMillion Dollar Baby [Original Motion Picture Soundtrack]
Clint Eastwood Kyle / Stevens, Michael Eastwood Lennie Niehaus

by G-Tools

スポンサーサイト

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  1. 2005-12-19(Mon) 20:51:30|
  2. MOVIE - ま|
  3. トラックバック 3|
  4. コメント 3

コメント

マギー

TBありがとう。
マギーは、早く死んだ父親だけが、可愛がってくれたようですね。
母親も、兄弟も、小さいころから、あんな感じなのでしょう。
それでも、家をプレゼントする。
マギーは、ほかに、使い道もないんですね。
  1. 2005-12-22(Thu) 02:54:56 |
  2. URL |
  3. kimion20002000 #fOhGkyB.
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます!

父親のことはマギーも好きだったし、愛されていたようですね。
あんなに冷たい母親でも、きっとマギーは喜んでもらえるだろうと思って買った。
切ないですね。
病院で家族をたたき出した時はスッキリしました。
それにしても、弟、悪そうなやつでしたね~(笑)
  1. 2005-12-22(Thu) 17:41:06 |
  2. URL |
  3. azum #-
  4. [ 編集]

尊厳死

こんにちは。
僕も「尊厳死」について考えさせられました。
この映画では、病院の目を盗んで
フランキーがマギーの空気パイプを外していたので、
「殺人じゃないか!」とツッコミそうにもなりましたがw
  1. 2006-07-11(Tue) 11:20:38 |
  2. URL |
  3. ぽっぷ #r7U36FAc
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azum.blog39.fc2.com/tb.php/45-6017f162

NO.113「ミリオンダラー・ベイビー」(アメリカ/クリント・イーストウッド監督)

「犠牲」なくして成立しないアメリカン・ドリーム。イーストウッド監督が「ミスティック・リバー」でアカデミー2冠に輝いたのは、記憶に新しい。そして、今回は、本作品で7部門にエントリーされ、4部門でトロフィーに輝いた。いったい、アメリカの映像関係者は、この初老
  1. 2005-12-22(Thu) 02:56:25 |
  2. サーカスな日々

ミリオンダラー・ベイビー

…やられましたイーストウッド監督だからハッピーエンドでない事は分かっていたのだけど、言葉を失うほどの重さ。○幕の内一歩+おしん=マギー ヒラリー・スワンク演じるマギーは、パンチはあるが技術は乏しく既に30代、傍から見ると「よ~頑張るね~」とい
  1. 2006-01-18(Wed) 00:17:15 |
  2. 本を片手に街に出よう

『ミリオンダラー・ベイビー』★★★☆☆

『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)を観た。第77回アカデミー賞にて、主要4部門の「作品賞」「監督賞」「主演女優賞」「助演男優賞」を授賞。とても重い話だ。「尊厳死や安楽死をテーマにしたわけではない」とクリン
  1. 2006-07-11(Tue) 11:21:20 |
  2. ポップコーンを食べながら
05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Profile

【映画評価:5段階】
ヾ(>▽<)ゞ:ケラケラ度
(ノ△・。):うるうる度
ヾ(´▽`)ノ:まんぞく度

My Favorit

ブログ内Search

アマゾンSearch

recommend

advertisement

超便利!オンラインDVDレンタル

漫画・コミック 全巻読むなら!

音の出る絵本♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。