スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京タワー【原作】

410133921X東京タワー
江國 香織
新潮社 2006-02

by G-Tools

【あらすじ】
大学生の透は恋の極みにいた。年上の詩史と過ごす甘くゆるやかなひと時、世界はみちたりていた。恋はするものじゃなく、おちるものだ。透はそれを、詩史に教わった。一方、透の親友・耕二は、女子大生の恋人がいながらも、蠱惑的な喜美子に夢中だった。彼女との肉体関係に…。夫もいる年上の女性と大学生の少年。東京タワーが見守る街で、二組の対極的な恋人たちが繰り広げる長篇恋愛小説。

【感想】
文庫になったので、早速買って読みました。映画は公開当初、劇場に観にいきました。

映画の感想としては、「美しい」の一言に尽きるものであり、景色や出演者、音楽、そしてストーリーまでもが綺麗な作品でした。
しかし、あまりにも美しいその芸術品を身近なものとして捉えることはなかなか出来ず、あくまでスクリーンのなかでのロマンチックなお話としか思えませんでした。

小説の中では透と耕二の目線で交互に話が描かれています。
最初はちょっと混乱しましたが、すぐになれました。

読み始めしばらくの間は映画と同じ感想を抱きました。
設定から登場人物、とにかくストーリーを綺麗に描こうとしている意図を感じます。江國さんらしいと言えば江國さんらしく・・・ストレートではなくオブラートな描写です。
ゆえに登場人物に感情を移入するのが難しく、客観的に美術館の中を彷徨うような感覚で読みすすめていました。

しかし後半、徐々に彼らの感情が身近なものに感じられるようになりました。

良く言えば一途であり、悪く言えばとても重い感情を詩史に寄せる透。
いかに人生をうまく生きるかを考え、自分の思い通りにいかないことはないという自信に満ち溢れている耕二。

私の場合、透よりも耕二みたいなタイプに魅力を感じることが多いですね(^^;)
耕二のほうが人間味があり気持ちは何となくわかる気がしました。が、この気持ちをを映画の中から読み取ることはまったく出来なかったと思います。映画で耕二たちの恋愛は、ただのコメディーにしか思えませんでしたから(^▽^;)
しかし小説では透たちの恋よりもむしろ耕二の恋愛のほうがおもしろかったです。

タイトルが「東京タワー」と言うからには、もう少し耕二たちも東京タワーに絡めても良かったのではないかと思いますが、どうなのでしょう?やはりメインは透と詩史なのでしょうか?

ところで映画で描かれていた、「透の母 vs 詩史」そして、「透 vs 詩史の旦那」の修羅場ですが、いつくるかと思っているうちに本編終了してしまい、結局小説には描かれていませんでした。
映画で付け加えられたストーリーだったんですね。
確かに小説の終わり方では、映画だとどことなく腑に落ちない、後味の悪い作品になっていたかと思います。
それよりも、明らかにハッピーエンドで終わったほうが、観ていて気持ちがいいと思います。

そして、原作を読んだところで再びDVDで映画を鑑賞してみました。


東京タワー プレミアム・エディション東京タワー プレミアム・エディション
黒木瞳 江國香織 源孝志

by G-Tools


東京タワー東京タワー
江國 香織

by G-Tools

スポンサーサイト

にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
  1. 2006-03-16(Thu) 19:42:55|
  2. |
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://azum.blog39.fc2.com/tb.php/121-adf62acf
04 « 2017/05 » 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Profile

【映画評価:5段階】
ヾ(>▽<)ゞ:ケラケラ度
(ノ△・。):うるうる度
ヾ(´▽`)ノ:まんぞく度

My Favorit

ブログ内Search

アマゾンSearch

recommend

advertisement

超便利!オンラインDVDレンタル

漫画・コミック 全巻読むなら!

音の出る絵本♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。